扶養範囲内の主婦は130万円以内で稼ぐ

IT系の個人事業主として、扶養範囲内で稼ぎたいという主婦は多くいる。元々デザイナーやコーダーなどIT系の仕事をしていて、結婚や出産を機に退職し、自宅で主に家事をするようになるというキャリアの女性は今でもよくいるものである。そういった場合家事や育児を家でメインにこなす担当になるが、子どもがある程度大きくなり、幼稚園や保育園、そして小学校に行くようになると、主婦でも自由な時間が出てくる。そういった自由な時間を活用し、家計の助けにしたり、自由に使えるお金にするために個人事業主の立場で、在宅ワークに取り組めばまとまった金額を稼ぐことも難しくない。特に現在はネット上でクラウドソーシングサイトも多いので、そういったサイトで仕事探しをすれば、自宅にいながら仕事探しから作業、納品まで完了させられる。

しかし時間があり、高単価な仕事に巡りあえても一年で稼ぐ金額には留意しなければいけない。大抵の主婦は夫の扶養に入っているが、130万円以上の年収があると扶養から外れてしまうのである。103万円を超えると所得税が発生するが、まだそれはあまり大きな金額ではない。しかし130万円以上の年収になると、住民税や年金を収める必要が出るので、大きく手取り収入が減ってしまうのである。もし130万円を超えると、200万円近く稼がないと、手取りで130万円の稼ぎと同等にならない。夫の会社の配偶者手当ももらえなくなる可能性があるので、年収は仕事量で調整できるように意識しておく必要がある。
その他の扶養範囲内での仕事量を調節する手がかりはこちらのサイトから⇒http://fuyo-kojinjigyonusi.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です