企業として働く現場になるIT系個人事業主

IT系の個人事業主として働くと基本的にはスキルを持った自分自身が専門のエンジニアとして働くことになる。その際には専門的な仕事のみをしていれば良いのではなく、一企業として必要になる事務手続きや経理処理も行っていかなければならない。企業の職場の状況と異なるのはこの点であり、それぞれの仕事に専任の人材がいるわけではなく、企業として必要とされることを一人の力で全て行っていくのが原則となるのである。

しかし、必ずしも一人で全てを担う必要があるわけではない。人を雇って働いてもらうことも可能だからであり、主婦をしている妻や扶養家族を雇用して自分の専門外の仕事を担ってもらうこともある。家族であっても人を雇う以上は給料を支給することができるため、利益を減らして収入を分散させることができる。そうすることによって節税が実現でき、実質的に収入を増やすことにつなげられるのがメリットになる。

ただし、家族の収入を増やしすぎてしまうと控除が受けられなくなって納税の義務が発生するようになるため、金額をうまく制御して支給していくことが欠かせない。IT系の個人事業主として成功すると莫大な収入になることも多いため、それに伴う納税額を少しでも減らすために家族を雇うようにすると良いだろう。そうすることで一人きりの職場ではなく、家族で働ける賑やかな職場とすることができる。収入がないか少ない家族がいるなら一考の価値がある方法である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です